ルイ・ヴィトンのサイドトランクバッグを紹介します

ルイ・ヴィトン サイドトランクバッグのご紹介

2023年クルーズコレクションの新作で、このバッグはルイ・ヴィトンの象徴的な歴史へのオマージュです。
15
ジェニファー・コネリーがルイ・ヴィトン サイドトランクバッグを持つ
作成者: •  2022年11月15日

今年の初めに、ルイ・ヴィトンはサンディエゴのソーク研究所で目を引く2023年クルーズコレクションを発表しました。快晴の日で、風が心地よく、青い空が広がっていました。このクルーズショーには、ニコラ・ゲスキエールがルイ・ヴィトンのクルーズショーを世界でも屈指の建築構造物で開催するという伝統を継続させました。コレクション自体は、スペースの清潔なラインにインスピレーションを受けており、革新とスタイルを兼ね備えた芸術的なコレクションとなっています。

バッグについては、さまざまなバッグがあり、コレクターはクルーズコレクションの数点を気に入るでしょう。まず最初に紹介するのは、リアルに古本を持ち歩いているような LVブックチェーンウォレットですが、機能的な要素も備えています。また、限定コレクションが好きな方には、クルーズ2023ショーで有名な日本のドットアーティスト草間彌生とのコラボレーションが予告されましたが、クルーズショーでの真のデビューは、ゲスキエールがルイ・ヴィトンの遺産の最新の探求をしたものでした。

ルイ・ヴィトンの歴史への現代的なオマージュ

サイドトランクバッグは、ルイ・ヴィトンのトランク製造の謙虚な始まりへの回帰であり、ニコラ・ゲスキエールがルイ・ヴィトンのデビューシェイプとして創造した「プティマル」のアレンジです。このバッグには、伝統的なトランクのすべての特徴が組み込まれ、ルイ・ヴィトンの歴史を象徴しています。バッグを目を引くものにするのはディテールです。ファスナーの上にかかるように付いた独特のレザータブと、もう一つの小さなルイ・ヴィトンの歴史であるS-ロッククロージャーが特徴です。バッグの角は、ブランドの歴史的なトランクを思い起こさせる金属で補強されています。

サイドトランクバッグは、ブランドの象徴的なモノグラムだけでなく、クルーズ2023ランウェイで初登場したモノグラムジャカードデニムも取り扱っており、石洗い加工でブランドのシグネチャーに新たなアプローチを加えています。さらに、モノグラムの高級カーフスキンレザーもあります。サイドトランクバッグには、2つの取り外し可能なストラップを使用してスタイリングや持ち運び方法を選ぶことができます。全体の寸法は、8.3インチ×5.5インチ×2.4インチです。価格は、モノグラムバージョンが$3,800から、カーフスキンバージョンが$4,350まで幅広く展開されています。

ルイ・ヴィトン サイドトランク モノグラム バッグ

ルイ・ヴィトン 2023クルーズコレクションの詳細はこちらから

登録する
Facebookで繋がるD
アカウントを作成することを許可する
初めてソーシャルログインを使用してログインした際には、ソーシャルネットワークが共有するアカウントの公開プロフィール情報と、プライバシー設定に基づいてあなたのメールアドレスが収集されます。PurseBlog上でアカウントが自動的に作成され、このアカウントでログインされます。
同意しない同意する
新しいコメントへの通知
guest